生理中無意識に経血が流れて、毛穴も血液で汚れて醜くなるケースがあります。
すると抵抗力が落ちてる時期で、血液感染するケースがあり、vio脱毛どころではありません。
生理中はとても肌がデリケートで肌が敏感なら痛みが倍増したりします。
そうした中傷みがないといわれてるサロンの施術でも生理中敏感になってる肌は多少の刺激になるケースがあります。
生理中の施術とは
生理中vio脱毛は本人へのリスクが高く施術をしないサロンがほとんどですが、やむを得ず施術当日急に生理になったら、サロンはどういった対応をするでしょうか。
ミュゼなら基本当日でもキャンセル料がかからなくて、これならいつ生理が来ても安心できます。
生理中ほとんどすべてのサロンはvio脱毛できないですが、医療脱欧期間は生理になってもタンポンをつければvio脱毛ができる施設があります。
医療脱毛は基本医療機関ですから、看護師が普段血液を見慣れていますが施術してくれる方が不快にならないように配慮が必要となります。
気持ちよく施術してもらうのに、必ずタンポンをつけるなどエチケットに気をくばってください。
サロン同様、脱毛期間でもキャンセルすれば、当日キャンセル料が発生します。
もしもこれを払うのがもったいなければタンポンをしたうえで行きましょう。
急に生理になってもvio脱毛したければミュゼか、施術できる医療機関にしてください。
ですが生理中肌はとてもデリケートで、自分のからだと相談し、もし自信がなけば施術を避けてください。