一生懸命が落とし穴!シミのケア方法間違っていませんか?

朝晩に秋を感じるようになったこの頃、夏の強い紫外線をたっぷりと浴びた肌が気になりませんか?
今くらいの時期は紫外線の影響を受けた日焼け肌だけでなく、シミも浮き彫りになってきてしまいます。
シミをなんとかしたいと、美白ケアを頑張っている方もいらっしゃるかもしれませんね。
実は『美白を頑張っている』そのスキンケアに落とし穴があることをご存知でしょうか。
一生懸命が落とし穴!シミのケア方法間違っていませんか?
今回はシミを改善するメカニズムをご紹介します!
冬に向けて美肌を手に入れませんか?
美白ケアを頑張る≠シミの改善
まずは、コレを知っていただきたいです。  
シミを消したい、治したい。
その一心で美白効果のあるスキンケアをしている方のほとんどが『一生懸命に力と念を込めてゴシゴシと塗り込んでいる』ことが多いのです。
どんなに高価なスキンケアを使っても、どんなに手間暇をかけてもこれでは改善するのはおろか、むしろ悪化してしまいます。
それは、シミを作っているメラニン色素が活発化することが原因だからなのです。
メラニン色素は紫外線や圧力(一生懸命に力と念を込めてゴシゴシと塗っている指圧のこと)などの刺激を受けると、肌を守るために色素を大量に作り出します。
そのため、塗れば塗るほどシミは濃くなってしまうのです。
濃くなったシミを見て更に頑張るスキンケア。
これでは悪循環ですね。
シミを改善するためには、美白ケアを優しくのせる。
その程度のスキンケアで十分なんですよ。
刺激がなければメラニン色素も色素を出しません!
優しく優しく。
このスキンケアが美肌への近道です。
ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です